無料ブログはココログ

« 本感想:細雪 下(谷崎潤一郎) | トップページ | 本感想:風に舞いあがるビニールシート(森 絵都)   »

2010/10/30

本感想:細雪 中(谷崎潤一郎) 

順番飛ばしてしまって、中巻最後に読みました。
中巻は末妹の妙子が中心で話が進みます。上・下巻に比べてストーリーの変化に富んでいて、面白いと私は思いました。雪子がほとんど出てこないので、雪子の魅力に惹かれて読んでいる人にはもの足りないかも。

しかし、作者谷崎は妙子には否定的というか厳しいなぁと感じます。先進的で頭も良く自立した女性だけど、品性が無くてずる賢いみたいな書き方がされてる。それに、この中巻から下巻にかけて、妙子は次々不幸に襲われて行くのですよね。水害で死にかけて、恋人に死なれて、最後には流産。雪子と対比させてその魅力を引き立たせるためかもしれないけど、谷崎は現代的な女性が嫌いなのかと思ってしまう…。

妙子の二人目の恋人板倉が死んでしまう辺りでは、世間体を気にする旧家のいやらしい部分はもろに出てて、なんというかこう言うものだろうと思いつつも、板倉や妙子が気の毒でした。

« 本感想:細雪 下(谷崎潤一郎) | トップページ | 本感想:風に舞いあがるビニールシート(森 絵都)   »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30625/49883225

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:細雪 中(谷崎潤一郎) :

« 本感想:細雪 下(谷崎潤一郎) | トップページ | 本感想:風に舞いあがるビニールシート(森 絵都)   »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31