無料ブログはココログ

« 漫画感想:京洛れぎおん(浅野りん) | トップページ | 本感想:理由(宮部みゆき) »

2010/07/11

本感想:三四郎(夏目漱石)

何故だかわかりませんが漱石=難しいというイメージをずっと持っていましたが、「三四郎」は読みやすかったです。明治時代のトレンディ小説って感じがすると思ったのは私だけでしょうか。美禰子さんなんかは時代の先端を行く女性なんじゃないかしら。

画家の原口さんの家で美禰子がモデルをしているところへ、三四郎が訪れるシーンが素敵だと思いました。
三四郎が来ても特に何の反応も示さない美禰子。なのに原口さんに様子がおかしいと指摘されてしまうところで、三四郎が急に現れて動揺してるのかなぁとかいろいろ想像しちゃいましたよ。

しかし、結局美禰子の魅力か最後までいまいち分からなかったです。う〜ん。

« 漫画感想:京洛れぎおん(浅野りん) | トップページ | 本感想:理由(宮部みゆき) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30625/48846437

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:三四郎(夏目漱石):

« 漫画感想:京洛れぎおん(浅野りん) | トップページ | 本感想:理由(宮部みゆき) »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31