無料ブログはココログ

« 本感想:夏姫春秋 下(宮城谷昌光) | トップページ | 本感想:雪国(川端康成) »

2010/06/06

本感想:伊豆の踊り子(川端康成)

他の作家の作品もそうだけど、巻末についている解説を読んでいると、そこまで深読みするかと思ってしまいます。つくづく私には文学を解する心がないらしい…。

まあ、別にいいですけどね。

新潮文庫には「伊豆の踊り子」の他に、「温泉宿」「抒情歌」「禽獣」が収録されていました。

「伊豆の踊り子」は以前に読んだ「舞姫」と同じく、ここで終わり?って感じがしました。もっと読みたいなぁと言うのが、読後の感触です。なんですかね、これが川端文学の特徴なんでしょうか。

「温泉宿」と「抒情歌」はあんまり私の好みの話ではなかったです。なんか、話しに入り込めなくて、読んでるのが辛かったんですよね。

「禽獣」は妙に主人公の男に共感出来てしまった。なんと言うか、すごく正直に人間の内面を書き表しているなと感じました。

« 本感想:夏姫春秋 下(宮城谷昌光) | トップページ | 本感想:雪国(川端康成) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30625/48554910

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:伊豆の踊り子(川端康成):

« 本感想:夏姫春秋 下(宮城谷昌光) | トップページ | 本感想:雪国(川端康成) »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31