無料ブログはココログ

« 本感想:ヰタ・セクスアリス(森鴎外) | トップページ | 本感想:続巷説百物語(京極夏彦) »

2010/04/10

本感想:夏姫春秋 上(宮城谷昌光) 

私の地元、蒲郡の作家さんと言うことで、気にはなっていたけれど、やっと今になって読んでみました。

歴史物はだいぶ前に吉川さんの「三國志」を読んだ時、あまりに話がややこしくて、内容がよく頭に入ってこなかったものだから、それ以来ちょっと敬遠していました。けど、「夏姫春秋」は意外と読みやすかった。

あまり時系列にこだわらない書き方がされている感じで、夏姫とその周辺の人物に話の重点がおかれていて、各章ごとにある程度関係のあるエピソードをまとめて描かれているので、感情移入しやすいかも。

私は夏姫のお兄さん子夷がけっこう気に入っていたので、上巻で亡くなってしまって少し残念。

宮城谷さんは登場人物に同情的というか、客観的に史実を語るのではなく、人物の心情もおもんばかった書き方をするなぁと思いました。そんなところが、私には読みやすかったのかもしれません。

« 本感想:ヰタ・セクスアリス(森鴎外) | トップページ | 本感想:続巷説百物語(京極夏彦) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30625/48051054

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:夏姫春秋 上(宮城谷昌光) :

« 本感想:ヰタ・セクスアリス(森鴎外) | トップページ | 本感想:続巷説百物語(京極夏彦) »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31