無料ブログはココログ

« マンガ感想:プライド(一条ゆかり) | トップページ | 本感想:巷説百物語(京極夏彦) »

2010/03/03

本感想:風立ちぬ(堀辰雄) 

中学だったか高校だったか忘れたけど、国語の先生がやたらと熱を込めて「風立ちぬ」の事を語っていたのが、何故か印象に残っていて買ってみた本。
まあ、買ってすぐ読んだ訳ではないのですけれどね。どうも私は気になっていた本を手にいれると、それで満足してしまう質のようで、買ったはいいがそのまま本棚に並べられたままになっている本がかなりあります( -_-)

私は持っているのは新潮文庫のものですが、一緒に「美しい村」という作品が収録されています。「美しい村」で主人公が出会った少女が、「風立ちぬ」では婚約者となり若くして亡くなってしまうのですが、続けて読むとなんとも切ないです。

「風立ちぬ」はもっと゛生きぬくぞ〜゛という感じのお話かと思っていましたが、それほどではないなぁと私は感じました。
それよりも、風景描写の細かさに気がいくというか…。もっとちゃんと読み込めば、そこに現されている主人公の心情などが、よくわかるようになるのかもしれません。

だけど、なんだか読みにくいのですよね。一つの文章が長くて、その言葉がどこにかかっているのかが、分かりにくい箇所がところどころある。私の理解力が無いと言ってしまえばそれまでですが…。

きれいな物語だなぁというのが、読んだ後残った印象です。

« マンガ感想:プライド(一条ゆかり) | トップページ | 本感想:巷説百物語(京極夏彦) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30625/47717191

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:風立ちぬ(堀辰雄) :

« マンガ感想:プライド(一条ゆかり) | トップページ | 本感想:巷説百物語(京極夏彦) »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31