無料ブログはココログ

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004/07/30

月の本

昨日、月を眺めながら帰りつつ、そういえば『月の本』という写真集みたいな本があった事を思い出した。
何故、“みたいな本”なのかというと、その本には月の写真だけでなく、月の伝説や神話、月の出てくる物語や詩・歌、他にも月に関すデータなどいろいろ紹介されていたから。

急にその本が読みたく(見たく)なって、家に帰って早速本棚の捜索を開始。

すぐに目的の本を見つけて、平沢進を聴きながらしばらく眺めることに。(平沢さんのアルバム『魂のふる里』は夜空が似合うと私は勝手に思っています(^^;)

『空の名前』(以前ここでも紹介)もそうだけど、あんまり“読む”って感じの本じゃないんだよね、これ。
なんてことを思いながら、ふと気になって出版社を確認してみると、やっぱり光琳社出版だった。写真を撮っているのが『宙(ソラ)ノ名前』(『空の名前』と同じシリーズ)の林完次さんだしそうじゃないかとは思ったけど。。。

更に気になって本棚を調べてみると、いくつか光琳社出版の本が出てくるじゃないですか!

………あんまり自覚はしてなかったけど、どうやら私はこの出版社のファンらしい。

何故か分からないけど、惹かれたんだろうね。
似たような系統の本はたくさん出ているけど、他の出版社のものは持ってないし。

敢えて理由を探すとしたら、こだわりというかプライド持って、本を創ってるって感じがするからかなぁ?
けど、やっぱ訳なんてないですね。ただ好きなんだと思う。

もう、この出版社は無いなんて残念だなって、今更思った。

*******************

ちなみに、この本も角川から出版されています。

『月の本』 林完次/写真 角川書店

2004/07/29

夕立…その後

6時を過ぎたぐらいから、
すごく大きな雷とどしゃ降りの雨。

けど、1時間もしたら止んでいた。

帰ろうとして会社を出たら、
夕暮れ直後の薄闇の中、
ぽっかり浮かぶ月が視界に飛込んできた。




そしたら




どんどんたまっていく仕事や、
いろいろと煩わしい人間関係、
疑心暗鬼になってる自分の事も、

すっかり頭の中から消えた。

私がいつもいつも悩んでいる事って、
結局、そんなもの………………




今日は遠回りをして帰ることにした。

のんびり月を眺めるために。。。

2004/07/28

月齢

暑いです。。。

昼間ちょっと10分ぐらい外出しただけで、暑さにやられ気分が悪くなしました‥‥

しかも今いる事務所は、建物の構造上エアコンが効かない。。。設定温度20度にしてても日中は室温30度以上です(-_-;‥‥‥って愚痴ってると、ますます気が滅入りますね。

では、話題を変えて♪




昨日、月齢について検索してて見つけたよさげなサイトv



月世界への招待



名前の通り、月に関するサイトです。

まず思ったことは、写真が綺麗!月面の写真とかもあってかなり見ごたえあります。
それに、月の写し方も紹介されてました。デジカメで撮る方法と、望遠鏡で撮る方法。

その他にも、月面案内所とか月に関する情報満載!
まだ、すべてを閲覧しきれてないので、これからゆるゆると見ていきたいと思います。



何故、このサイトを見つけることが出来たかと言うと、「月って北半球と南半球で見えた方がちがうのかな?」と会社の人との間で話題になったからです。

最近イライラして、眉間に皺寄せてる事多いから、どうやら和ませようと思ってくれたみたいです。

気ぃ使わせてすみませぬ。。。

2004/07/27

とまどう

ふとした瞬間、
心の所在が分からなくなる事がある。

といっても、不安な訳ではなく、
かといって、不満な訳でもない。

漠然としてて掴みどころがない。。。


周りを取り巻いているのは空虚感。

何かを得ようと伸ばしかけた腕を
不意に引っ込めたくなる………



ホントに ソレ ほしいの?



違うのかなぁ……


違うかもしれない。


………………違う。



じゃあ ナニ さがしてるの?



……………………さあ?わかんない。



思考の迷路。

迷い込む前に考えるのを止めるのは、
逃避なのか、防御なのか………

どちらにせよ、今の私に必要なのは





睡眠。

疲れてるとろくな事考えないね。
ゆっくり休むとしましょう。

2004/07/24

響き

最近私の心を掴んで離さないものがあります。
それは“存外”という言葉。発端はこれ。




『スパ王』のCM

何か他の事をしていても、このCMが流れるとついテレビの方を見てしまう‥‥「存外」という言葉に反応してしまうんでしょうね、きっと。
普段あまり使われていない単語が連呼されるので、なんとなく耳に残るのですよ。

それに、この「存外」という単語、妙な存在感があるとおもいませんか?「意外」と言われるよりも「存外」と言われた方が、その意味が強調されてる感じがする。言葉に重さがあるんですよね。

言葉の選び方一つで、相手の受け取るイメージが変わってしまううんだなぁ、なんて事を考えさせられてしまうわけです。。。

私自身Blogの記事を書く時なんかには、言葉や言い回しにはかなりこだわっているつもりなのですが、なにせ中途半端な語彙力しか持ち合わせていないので‥‥‥もっと華麗に言葉を操ってみたいなぁ

いや、『スパ王』のCMみたいな奇を衒ったものをのぞんでいるわけではないですよ(^-^;

2004/07/23

胸の鼓動

先日、ゴキちゃんの来襲を受けた我がアパート。以来私は枕を高くして眠る事が出来ません。。。

どう考えてもゴキちゃんとの同居なんて無理!かといって自ら手を下す勇気など私にはありません‥‥そこで検討の結果、兵器の導入を決意いたしました。



その名もコンバット



素敵な体格をしたお姉さんが2倍の速さとかで踊ってるCMのやつです。(ついあのCM見入ってしまう。なんか見なければいけないような威圧感が漂っていると思うのは私だけですか?)

さっそく近所のスーパーで購入して設置。後は敵が罠にかかるのを待つだけと、私は安心したのです。




なのに!!!




その翌日のこと。
会社から帰宅し何か飲もうとキッチンへ向かった時、ふと視界の隅を横切る茶色い影。。。

それは、まぎれもないゴキちゃん、しかもまだ生きてるし!

計らずも再会をはたし、そのままの姿勢で動かなくなった、一人と一匹。たった数秒の時間が永遠にも感じられました。

早くなる胸の鼓動。。。
「なんだろうこの感じは‥‥‥‥‥もしかして、ときめき!?」




というわけで、今週のお題「ときめきポイント!」‥‥‥な訳ないです。嫌ですよこんなときめき(-_-;
けど、ときめきと言われてもなかなか思いつかないのですよ、これが。

大きな手とか、渋い声とか、背筋の伸びた後姿とか、「あっ素敵かも」て思うことはあれども、なかなかときめかない。鈍感なのでしょうか?
どうやら、私は相手との付き合の中で、じんわり良いなぁと思っていくタイプなようです。でも、笑顔には弱いかも(^-^*)

という訳で、私のときめきポイントは、周り中を和ませてくれるような笑顔ということで!

追記
ちなみにゴキちゃんには、台所用洗剤で窒息死していただきました。

2004/07/22

空の名前

こうさぎ同盟に参加されているぽっかぽかさんのBlogで、素敵な夕暮れの空の写真を見つけた。

風景写真は好きなのですが、特に空の写真は眺めてて飽きないですv




ここでおすすめの一冊。

『空の名前』 高橋健司 写真・文

今は角川書店から出版されていますが、もとは光琳社出版というところが出していた本です。いつの間にか出版社が潰れ、角川が版権を買い取ってまた発刊していたんで驚きました。

内容は空の図鑑って感じかな?いろいろな気象に関する言葉の説明と写真が載っています。

この本を始めから順番に読んでいく(或いは見ていく)という野暮なことはしたくないですね。ちょっと手持ち無沙汰な時なんかに、何気なく手にとって気になったページをじっくりと読む(または鑑賞する)のが私流の楽しみ方です。(野暮というのはあくまで私的見解なので気にしないで下さい)


これは一応シリーズみたいになっていて、他にも『宙(ソラ)の名前』『色の名前』というのが出ています。

ちなみに光琳社版の場合、『宙(ソラ)の名前』は『宙(ソラ)ノ名前 』、『色の名前』は『色々な色』という題です。実は角川版の題には少し不満です。確かに、『~の名前』の方がシリーズなんだって分かりやすいけど、なんと言ったらよいか、いかにも商品って感じがしてちょっと悲しい。。。

2004/07/21

あり得ない世界

それは、夕食の支度をしようとキッチンに向かった時だった。

ステンレスの流しの上に、見慣れぬ茶色い物体を発見した私。恐る恐る近づき確認すると、それは見たことも無い程大きなゴキちゃんでした!

瞬間、その場を支配する何とも言えぬ緊張感。。。

虫が大の苦手な私はこんな時に独り暮らしの切なさを感ずるのです。嗚呼!ゴキちゃんを退治してくれる頼もしき男子がいれば(涙)実家にいる時は絶対弟に頼んでましたからね。その後、仕留めたゴキちゃんを見せに来るという嫌がらせも受けましたが……

とりあえずその場は、固まっていてもご飯が作れないので、箒でつついてキッチンから退散ねがいました。

怖かったよ~だって動くとカサカサ音がするんだよ!




まあ、そんな風にゴキちゃんと対決しながら、私は昔聞いた話を思い出していました。

それは、もし核戦争がおきたとして、地球はどうなるのか?
何かのテレビ番組だったと思うけど、核戦争後の地球の様子をシュミレーションしてた。それを見て一番印象に残ったのが、核戦争後に生き残れる生物はゴキちゃんとその仲間達であろうと言う話。

思わずゴキちゃんの生命力の強さに、感心した覚えがあります。

感心ついでにこんな事を考えたりしました。

例えば、核戦争後にゴキちゃんを除いたすべての生き物が滅亡したとして、残ったゴキちゃん達が進化を重ねていって、人間のような知的生命体が生まれるという可能性はあるのだろうか?

その場合、ゴキちゃん達はどんな進化を遂げるのか?意思伝達の手段はやっぱ触角?皮膚とかは黒くて堅い殻に被われたままなのか?足は多足かな?などなど。。。

生物学には疎いので深い考察は出来ないけれど、自分なりに知的生命体に進化したゴキちゃんを想像して、怖くなった(-_-;)
地球上を跋扈するゴキちゃん………あり得ないと思うけどね。

2004/07/12

渇き

先週の休日は、久しぶりにのんびりできた。

ため込んでた本をいっきに読んで、昔のCDをひっぱりだして、音楽三昧。


ZABADAKとか新居昭乃とかTHE CORRSとか‥

特に何も考えず、目に付いたCDをかけて、
ボーっとしながら聴いてたんだけど、

それは突然やってきた。




遊佐未森のアルバム『アカシア』をやっぱ綺麗な声だなぁとか思いながら聴いてると、最後の曲、「たしかな偶然」になった。

アナログな感じのイントロのあと、
耳に飛び込んできた歌声。

また逢えるそんな気がしてたら
こんなところでねぇ

空のはてめぐる時間のかたすみで
たしかな偶然

空へと突き抜けていきそうな澄んだ声に、
不意打ちを食らったかのように、涙を流してた。。。

感動したとかそういうのではなくて、
なんというか、音が沁みたそんな感じ。

そして、“私、渇いてたんだなぁ”とぼんやり思った。



考えてみれば、近頃はいつもいっぱいいっぱいで、ゆっくり音楽なんて聴いてなかった。
たまにCDかけても、何かやりながら聴いてたし。

心の余裕を無くしてたのかもしれない。



とにかく、一度開放された涙腺は緩みっぱなしで止まることを知らず、何を聴いても泣きっぱなし‥‥‥

音楽聴いてこんなに泣いたのは始めてだよ。

しばらくそんな風に音楽に浸ってました。
なんだか、妙に爽やかな気分。

最近の遊佐未森の曲は聴いたことないから、今度CD探してみようかな♪

2004/07/02

マニアックかな‥

リラックス野郎 この指とまれ!
のお題でもう一つ。

私をリラックスさせてくれもの、それは

音楽♪

邦楽・洋楽問わずなんでも聴きます。

嫌な事があった時なんかに、お気に入りの曲を聴きながら、その歌の世界に浸るのが好きv

流行の曲とかもいいけど、一番浸れるのは

ZABADAK

今は吉良知彦さんのソロユニットですが、上野洋子さんと二人で活動されてた頃の曲が、個人的には一番好きです。

透明感のある上野さんの歌声と、
独特な雰囲気を持つ吉良さんの作曲、

それは私に煩雑な日常を忘れさせ、ゆったりとした気分を味わわせてくれます。

弟に言わせると変な曲らしいですが(-_-;
まあ、マニアックであることは否めないです。

そのかわり、一度はまると抜けられない。

あまり一つの物や人に固執しない私が、ファンクラブに一時入ってましたからね、それだけ、やみつきになると言う事でしょうか。。。

最近は忙しくてゆっくり音楽を聴く機会もなかったし、明日はゆっくりZABADAKに浸ろうかと思っています。

2004/07/01

こだわり?

リラックス野郎 この指とまれ!

今週のトラックバック野郎のお題です。
そこで、私もちょっと語ってみたくなった。

といっても、たいしたこと無いですが(-.-;

私の場合、やはり紅茶!
しかもアールグレイ限定。

他の種類の紅茶も飲みますが、あまり、リラックスした感じがしない‥‥

リラックスするなら、アールグレイでないとどうやら駄目みたいです。ベルガモットの香りがよいのかな?

アールグレイは紅茶独特の渋みが少ないので、飲みやすくて好きですv
アイスにしてもGood!
トワイニングのレディグレイなんかは、柑橘系のものがブレンドされてるから、これからの時期、アイスにして飲むのに最適だと思う。

けど、一番好きな飲み方は、少し濃い目のストレートかな。

そういえば、アッサムも捨てがたい。

前に、向こうの人が経営しているらしいインド料理店で、ランチにアイスのアッサムティが出たことがある。

それが、すごく香りが甘くておいしかったのvv

すぐに、自分もリーフを買って家で淹れてみたけど、そんなにおいしくなかった‥‥‥

淹れ方がまずいのか、葉が違うのか、もう一度飲みたいのだけど、そのお店の場所を忘れちゃった(悲)

**************************************************

アールグレイで検索していたら、こんなサイトを見つけた。

【Cheeky's Garden★英国堂宣言】
たまには、英国風アフタヌーンティとかして、まったりしたいです。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31